在留特別許可がほしい(オーバーステイ、在留特別許可)

English

オーバーステイ、不法滞在者なので在留特別許可を申告したい

事情はどうであれ、正規の在留資格を持たずに日本に滞在している外国人の方は、全員が不法滞在ということになります。

過去に在留ビザをもっていたけれども、今は期限が切れているような場合であっても、日本人と結婚していて子供がいるケースなど考慮できるべき特別な事情がある場合は、在留特別許可を申告すれば、法務大臣から許可される場合もあります。

ただし、ただお金を稼ぎたくてオーバーステイをして単純労働や風俗営業のお店で働いていたケースなどは、在留特別許可を得ることは不可能です。もちろん、偽装結婚も許されないケースに該当します。

あくまでも法務大臣の裁量により許可されるものなので、この条件であれば確実に特別許可が下りるという基準はありません

許可が下りるのに要する時間もばらばらで、状況により数ヶ月から1年以上という場合もあります。違反された外国人の方の過去の出入国であるとか現在の生活環境や素行などが調査され、総合的に判断されるとお考えください。

まず、在留特別許可を得るためには、外国人の方は、入国管理局に出頭し申告しなければなりません。オーバーステイや在留資格がないままの状態にある外国人の方は、最終的に在留資格を取得するまでは違反者です。そのため、働くことはできません。

2012年7月9日からは在留カードを持っていない外国人で3ヶ月以上日本に滞在している方は一部の例外を除き不法滞在者となります

特別在留許可は申請ではなく申告です

判りやすいように最も簡単に言うと入国管理局に行き「自分は不法滞在者です」と自首することが最初の一歩となります。

申告後は入国審査官の判断により対応は異なってきます。

また、別メニューの強制退去を避けたい(出国命令制度について)も合わせてお読みください。

詳しいことにつきましては、秘密厳守の上、直接お会いしてお話をさせていただきますので、行政書士佐藤正巳事務所までお問い合わせください

在留特別許可を希望される方で、当事務所に書類の作成と入国管理局への同行を希望される外国人の方には可能な限り対応いたします。